【50人調査】ひとりで生きていくと決めた瞬間は?幸せに生きるための方法を解説

「ひとりで生きていくために必要なものや心構えを知りたい」

「ひとりで生きていくときに、お金以外に必要なものはあるの?」

「ひとりで楽しく幸せに生きるための方法を教えて」

ひとりで生きていくことを決めても、これからの将来が不安で気持ちが落ち着かないとお悩みの方もいるのではないでしょうか。

ひとりで生きていくことは、人生において大きな決断です。ひとりで生きると覚悟をしたつもりでも「本当に自分の選択は正しかったのか」と、不安になってしまう日もあるでしょう。

そこで本記事では、ひとりで生きていくために必要なものと楽しく幸せに生きる方法を解説します。

ひとりで楽しく幸せな人生を送りたいと願っている人は、ぜひ最後までお読みください。

\ ジブンらしい自由な生き方、働き方へ /

もっと自由に働きたい・・、収入もキャリアも、今の仕事に不安を感じている・・。そんな気持ちで毎日を過ごしているなら、Webマーケターという仕事で、あなたの不満や不安を解消しませんか!?


Webマーケターは、


  • 時間や場所に縛られず、自由に働ける
  • これからも拡大を続ける市場の第一線にたてる
  • ビジネスに役立つマーケティングの知識が身に付く

仕事です。マケステップは、未経験者からでもプロのWebマーケターとして成果をだせるまで、あなたを徹底的にサポートします。

今なら3大特典を無料でプレゼント!!

➀体系的なSEOノウハウ特別資料(47P)

➁完全版SEOガイドライン(92P)

➂WEBマーケターで月100万円目指すロードマップ

LINE登録でWebマーケターへの一歩を踏み出す

【男女50人にアンケートを実施】ひとりで生きていくと決めた瞬間は?

なんのきっかけもなく、ひとりで生きていくという選択をする人はいないはず。

そこで、男女50人にひとりで生きていくと決めた瞬間についてアンケートを実施しました。

どんな意見があるのか、ぜひ確認してみてください。

30代半ばに結婚を意識した女性がいたが、自分の仕事が忙しく態度を決めかねている間に、別の男に取られて結婚されてしまったとき。

45歳男性

友達と大人数でわいわいしてても疎外感を感じたり、神経がすり減って疲れたりするので、一人でいる方が気楽で心地よいと思ったとき。 28歳女性

45歳を迎えて、50歳に近づくのを実感して結婚できるのはかなり厳しいと覚悟したとき。

46歳男性

結婚するはずだった相手と別れた時。好意を持っていても、誰かといつも一緒という状態に自分は耐えられないんだなと悟った。54歳

4年付き合って結婚も考えていた彼女がいたが、会社を辞め独立することで、経済的に安定するか分からないと、別れを告げられたとき。

30歳男性

もともと結婚願望がかなりあって、何年にも及ぶ婚活生活をしていたが、辛い思いばかりで

全てに疲れてしまい、お見合いの帰りに涙が止まらなくなった瞬間。40歳女性

色々な人と仕事で関わる中で、人と人は分かり合えないということを実感してしまった時に、1人で生きていけるようになるしかないと思いました。27歳男性

旦那が浮気していることが決定的になったとき。51歳女性

人と長時間一緒にいることに疲れてしまうとき。家では自分のペースでいたい、金銭管理などは自分でしたい。結婚して一緒に住んでいると、家事などやる事が増えて嫌になるから。

29歳女性

「昔からひとりでいることが好きで、他人と一緒に住むことが考えられなかった」など、元からひとりで生きていきたいという願望があったという人もみられました。

アンケートの中でも、大きな裏切りを受けた際や、恋愛と結婚が上手くいかないときにひとりで生きていくと決めたという声が1番多かったです。

今回のアンケートでは恋愛や結婚で絶望したり、人と関わることを好まない人が、ひとりで生きていくと覚悟することがわかりました。

ひとりで生きる3つのメリット

「ひとりで生きることに良いイメージが浮かばない」そんな人のために、ひとりで生きるメリットを3つ紹介します。

ひとりで生きることをマイナスに考えすぎてしまう人は、確認しておきましょう。

時間とお金を自由に使える

時間とお金を自由に使えることが、ひとりで生きる最大のメリットです。

結婚すると、家庭のために時間とお金を使わなければいけません。子育てや家族サービスで自由な時間がないと考えていいでしょう。

しかし、ひとりならば時間もお金も自分の好きなように使えます。周りからは無駄だと感じる時間やお金の使い方をしても、誰にも文句をいわれません。

ひとりならストレスフリーな生き方ができるでしょう。

自分の人生に集中できる

自分の人生だけに集中できることも、ひとりで生きるメリットです。

家庭を持つと自分以外の人生も背負わなければいけません。

転職したくても「家庭があるから」と我慢したり、自分の思い通りに意思決定をすることが難しくなるでしょう。

ひとりなら自分の人生だけを考えればいいので、気楽に過ごせます。

誰にも縛られずに恋愛ができる

結婚せずひとりで生きていくなら、恋愛は自由です。

逆に結婚すれば自由な恋愛は難しくなります。合わないと感じていても「子どものため」「世間体は良くないから」と、我慢して結婚生活を続ける人も少なくありません。

その点、ひとりなら誰にも縛られずに恋愛ができます。特定の人と過ごすより色んな人と恋愛を楽しみたい人には、おすすめな生き方です。

ひとりで生きる3つのデメリット

ひとりで生きることはメリットだけではありません。デメリットも把握した上でひとりで生きるという選択をしましょう。

以下で紹介するデメリットをはねのけられるくらいの覚悟があるなら、これからひとりでも生きていけるはずです。

親の介護を背負うことになる

ひとりで生きることになった場合、親の介護を任されやすいというデメリットがあります。

兄妹がいても「独身だから」という理由で、話し合いをすることもなく介護役に決まってしまう可能性もあります。

自分の親であっても、常にケアが必要となれば自由な時間がなくなり、負担に感じてしまう人もいるでしょう。

兄妹がいる場合は、早いうちから親の介護について話し合っておく必要があります。

老後が孤独になる

老後が孤独になることも、ひとりで生きるデメリットです。

病気や怪我をしたときに、近くに助けてくれる人がいないと、症状が悪化して手遅れになってしまう可能性が高まります。

同居人がいないというのは、想像以上に不便です。

共通の趣味を持つ友人を作る、老人ホームに入る準備をしておくなど、孤独にならないような対策をしておきましょう。

お金や健康への不安

ひとりで生きていると、お金と健康面に対しての不安が高まります。

「今の収入でひとりで生きていけるのかな」「病気になったらどうしよう」と、ネガティブなことばかり頭に浮かんでしまい、落ち込んでしまうこともあるでしょう。

深く考えすぎてしまい、うつ病になる可能性もあります。

お金や健康について考えることは大切ですが、未来のことは誰にもわかりません。ネガティブになってしまうときは、今に目を向けて人生を楽しむことを考えましょう。

ひとりで生きていくために必要なこと5選

ひとりで生きていくことに、不安や恐怖を感じている人もいるのではないでしょうか。

そんな人に向けて、ここではひとりで生きていくために必要なことを5つ紹介します。

必要なことが揃っていれば、不安や恐怖が減り楽しく生きれるでしょう。

将来のためにお金の準備と計画をする

ひとりでの生活を支えてくれるのは、自分で稼いだお金です。

将来のために、今からでも必要なお金の準備と計画を始めましょう。

老後2,000万円問題や消費税の引き上げなど、将来年金があるかどうかわからない現代で、準備が早すぎるということはありません。

この先自分の生活が豊かになるような、お金の準備と計画を立てましょう。

ひとりで生きていく覚悟を決める

ひとりで生きていると、とてつもない孤独感に襲われ、精神的に参ってしまうことがあります。

「困ったことがあっても誰も助けてくれない」「自分でなんとかするしかない」という、覚悟がなければひとりでいることに耐えられません。

ひとりで生きていくと決めたなら、気持ちを強く持ち何事にも動じない心が必要です。

助け合える人を作っておく

家族がいない分、助けを求められるような友人や仲間を作りましょう。

ひとりで生きていくという覚悟は大事ですが、友人や仲間の存在は非常に心強いです。

いざというときに助け合うことができれば、自分は孤独だと考えることも減ります。

生涯仲良くできるような友人を作れば、生きる源になり明るく生きていくことができるでしょう。

健康的に生きる

ひとりで生きていくなら、健康管理により一層気をつけましょう。

風邪を引いて寝込んでいても、看病してくれる人はいません。体調が優れず辛くても、ひとりで病院に行く必要があります。

ひとりだと生活習慣を指摘してくれる人がいないので、肥満や運動不足になりやすいです。

ひとりで生きていくなら自己管理を徹底して行い、健康的な体を保ちましょう。

安定した収入を得られる仕事の確保

安定した収入を得られる仕事に就くことは、ひとりで生きていくために非常に重要です。

パートナーがいれば失業してもサポートしてくれますが、ひとりだとそうはいきません。

年を重ねると就職や転職する難易度が上がるので、長く働けて安定した収入を得られる仕事を早めに見つけておきましょう。

ひとりで生きていく人に向いてる仕事4選

ひとりで生きていくために、仕事選びは非常に重要です。

毎月安定したお金がもらえなければ、ひとりで生きていくことはおろか、老後資金を蓄えることもできないでしょう。

ここではひとりで生きていく人に向いている仕事を4つ紹介します。

「今の仕事のままで生きていけるか不安だな」と、考えている人はぜひ参考にしてください。

公務員

公務員は安定している職業ランキングに、必ずランクインしている人気の仕事です。

参考:【最新版】安定した仕事とは?職業ランキング10選を紹介

景気に左右されずに、給料も安定しています。公務員の基本給は法律に書かれている俸給法によって決まっているため、昇進・昇給のスピードは遅いものの、確実に上がっていきます。

毎月入ってくる収入やキャリアアップしたときの給料の算段がつくので、老後資金の計画も立てやすいです。

将来の安定を考えるなら、おすすめの仕事といえます。

フリーランス

フリーランスもひとりで生きていく人に向いている仕事です。フリーランスにも以下のような仕事があります。

  • webデザイナー
  • フリーライター
  • 動画編集
  • 翻訳家
  • プログラマー

パソコン一台で始められる仕事が多く、在宅ワークができます。人付き合いが苦手で、会社に馴染めないと感じている人にはおすすめな仕事です。

会社のように毎月決まった給料が振り込まれるわけではないので、収入は安定しません。

しかし自分が頑張った分だけ収入も増えますスキルを身につければ大きく稼げる仕事です。

資格が必要な仕事

資格が必要な仕事も、安定しています。資格を持っているだけで市場価値が上がり、就職先や転職先で収入が増えやすいです。

資格が必要な仕事は以下のとおり。

  • 看護師
  • 介護福祉士
  • ケアマネージャー
  • 保育士
  • 美容師
  • 建築士
  • 設計士

手に職を持てる資格を取得していれば、就職先に困ることもないので、ひとりで生きるための強い味方になってくれます。

ひとりで生きていくと決めた人は、将来のために何かしらの資格を取得しておくと、先の人生が楽になるでしょう。

エンジニア

エンジニアの仕事は、安定性と将来性のどちらも兼ね備えています。

エンジニアは、コンピューターを動かすためのシステムを設計するのが主な仕事です。知識やスキルを身につければ、フリーランスエンジニアとして独立もできます。

経済産業省のIT人材需給に関する調査では、2030年時点でエンジニアが約45万人不足するといわれています。

今後ますますITの需要が高くなることから、エンジニアとして働けるようになれば、安定した収入が見込めるでしょう。

ひとりでも楽しく幸せに生きる方法4選

「ひとりで生きていく人生を最大限に楽しみたい」そんな人に向けて、ひとりでも楽しく幸せに生きる方法を紹介します。

この先の人生を謳歌したい人は、参考にしてください。

仕事以外に没頭できる趣味を作る

ひとりで生きていく人は家族がいる人に比べて、自分のために使える時間が多いです。

家族のために時間を使うことがないので、お金がかかる趣味や時間がないとできない趣味に挑戦できます。

スポーツや料理など、いろんなことに挑戦して自分が没頭できるような趣味を見つけましょう。

寂しさを忘れてしまうくらい没頭できる趣味が見つかれば、より人生が充実したものになるはずです。

ひとりでも生きていけるという自信を持つ

自分はひとりでも生きていけるということに誇りを持ちましょう。自分のためにお金を稼ぎ、トラブルがあってもすべて自分で解決できることが、自立した人間である証明です。

人は支え合って生きているといわれますが、悪く言えばもたれかかってサボっているともいえます。

すべての責任を自分で背負う覚悟ができた自分を、もっと褒めてあげてください。

自信がつけば、前向きに人生を楽しむことができるでしょう。

交友関係を広く持つ

ひとりで生きていく人は交友関係は広く持っておきましょう。困った時に助けてくれる友人は、ひとりで生きていく時に心の支えになります。

休日や仕事終わりに遊んでくれる友人が、寂しさを忘れさせてくれるでしょう。

ひとりで生きていくなら、友人はなるべく多く作っておきたいです。人付き合いが苦手な人でも、SNSやオンラインゲームの中でも友人を作れます。

自分と同じ考え方や趣味を持つ友人がいれば、人生は充実するでしょう。

今を楽しむ

ひとりで生きていると

「本当にこの先生きていけるのかな…」

「リストラにあったらどうしよう」

と、ネガティブな未来を想像してしまうこともあるでしょう。

しかし未来がどうなるかは誰にもわかりません。

お金や時間を自由に使えるのに、将来への不安から今を楽しめないのはもったいないです。

準備や計画は大事ですが、今現在に目を向けてひとりの人生を目一杯楽しみましょう。

ひとりで生きるメリットを、最大限に活かす人生を過ごしてください。

悔いのない人生を送りましょう

ひとりで生きていくには相応の覚悟が必要です。

時間とお金が自由に使えるなど、ストレスフリーな人生が送れることはひとりで生きていくメリットです。

一方でひとりで生きていくなら、老後の資金や健康への不安などの問題をすべて自分で解決する必要があります。

決して簡単ではないひとりで生きていくことを選択できるあなたは、強くて自立している素晴らしい人です。

「ひとりで生きていくしか道がなかった…」と落ち込まず、ひとりならではの楽しみ方でこれからの人生を謳歌しましょう。

自分らしく生きれる選択をしたならば、きっと素晴らしい人生が待っているはずです。自分の選択に悔いが残らないような人生を送ってください。

\ ジブンらしい自由な生き方、働き方へ /

もっと自由に働きたい・・、収入もキャリアも、今の仕事に不安を感じている・・。そんな気持ちで毎日を過ごしているなら、Webマーケターという仕事で、あなたの不満や不安を解消しませんか!?


Webマーケターは、


  • 時間や場所に縛られず、自由に働ける
  • これからも拡大を続ける市場の第一線にたてる
  • ビジネスに役立つマーケティングの知識が身に付く

仕事です。マケステップは、未経験者からでもプロのWebマーケターとして成果をだせるまで、あなたを徹底的にサポートします。

今なら3大特典を無料でプレゼント!!

➀体系的なSEOノウハウ特別資料(47P)

➁完全版SEOガイドライン(92P)

➂WEBマーケターで月100万円目指すロードマップ

LINE登録でWebマーケターへの一歩を踏み出す
 

稼げるSEOマーケターになる、”超”実践型カリキュラム

ジブンらしい自由な生き方・働き方へ“Make 月額16,401円~

“超”実践型!SEO対策特化
WEBマーケティングスクール

プロのWEBマーケターへ!!

  • 講師全員が現役プロコンサル
  • 安心の完全返金保証付
  • マケステップ受講生アンケートより受講生満足度99%
  • 案件獲得のサポート付
  • コンバージョン率改善施策付き講座で成果を創出