正社員以外の働き方は?雇用形態の種類やメリット・デメリットを解説

正社員の働き方が合わなくて、正社員以外の働き方を探している人はたくさんいます。アルバイトや契約社員など、さまざまな雇用形態があるため、自分にあった雇用形態を見つけるのは難しいです。そこで、この記事では、正社員以外の働き方を紹介します。雇用形態の種類や、雇用形態ごとのメリット・デメリットも解説するので、この記事を参考にして自分にあった働き方を見つけてみてください。

\ ジブンらしい自由な生き方、働き方へ /

もっと自由に働きたい・・、収入もキャリアも、今の仕事に不安を感じている・・。そんな気持ちで毎日を過ごしているなら、Webマーケターという仕事で、あなたの不満や不安を解消しませんか!?


Webマーケターは、


  • 時間や場所に縛られず、自由に働ける
  • これからも拡大を続ける市場の第一線にたてる
  • ビジネスに役立つマーケティングの知識が身に付く

仕事です。マケステップは、未経験者からでもプロのWebマーケターとして成果をだせるまで、あなたを徹底的にサポートします。

今なら3大特典を無料でプレゼント!!

➀体系的なSEOノウハウ特別資料(47P)

➁完全版SEOガイドライン(92P)

➂WEBマーケターで月100万円目指すロードマップ

LINE登録でWebマーケターへの一歩を踏み出す

正社員以外の働き方一覧

正社員以外の働き方は、以下の通りです。

アルバイト・パート

アルバイトとは、労働時間や契約期間に制限がある、非常勤の雇用形態のことです。パートタイムはその一つで、1週間の労働時間が一定以下(例えば35時間)の仕事を指します。長期間にわたる継続的な雇用とは違い、比較的契約期間は短めです。

自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるため、学業・家事・趣味との両立が可能というメリットがあります。ですが、スキルや知識がなくても始められる仕事が多いため、正社員と比べてキャリアアップしづらいのが難点です。

契約社員

契約社員は、会社と一定期間の労働契約を結んだ雇用形態のことです。契約期間が終了すると、契約を更新するか、終了するかが決まります。契約期間は通常、数ヶ月から数年までとなりますが、契約によって異なります。

自分のライフスタイルやキャリアプランに合わせて、短期間にさまざまな業界や職種を経験できます。仕事で結果を出せば、契約更新や正社員への道も開かれるため、いろいろな仕事を経験したい人におすすめの働き方です。ただ、正社員と比べると福利厚生が少なく、昇進や役職への道が少ないというデメリットがあります。

派遣社員

派遣社員は、派遣会社に雇用されて、その派遣会社から他の企業へ出向する雇用形態のことです。派遣会社が給料や社会保険などの労働条件を管理していますが、業務の指導は実際に働く派遣先が行います。フルタイムや短時間勤務など働き方を柔軟に選べるため、生活スタイルに合わせられるのがメリットです。ですが、正社員と比べると給与が低く、昇進するのが難しいというデメリットがあります。

フリーランス

フリーランスとは、特定の会社に所属せずに、個人としてさまざまな企業と契約して仕事を行う働き方のことです。専門的なスキルや知識を活かして、自由に仕事が選べるのが特徴です。仕事の内容や量、時間や場所などはすべて自分で選べるため、ライフスタイルや仕事への価値観に合わせた働き方ができます。

スキルに応じて収入が変わるため、正社員以上の収入が得ることも可能なのも特徴です。ただ、仕事が突然途絶える可能性があったり、福利厚生がなかったりするため、安定性がないのがデメリットと言えるでしょう。

正社員と正社員以外の違い

正社員と正社員以外の違いとして、以下の項目が挙げられます。

勤務時間

正社員はフルタイムの勤務が基本で、一般的には週に40時間から45時間程度の勤務を行う必要があります。残業や休日出勤をした場合は給与に反映され、休日や有給休暇の取得も保証されています。アルバイトや契約社員などの非正規雇用は、基本的に正社員より短く、残業をすることも少ないのが特徴です。休日や有給休暇の取得も、正社員と比べると制限がある場合が多いです。

フリーランスは、自分自身で仕事のスケジュールを管理するため、勤務時間は自由に変えられます。プロジェクトによっては、深夜や週末に仕事をすることもあります。休日や有給休暇の取得は自己管理となりますが、仕事がないと収入が発生しないリスクもあるので注意しましょう。

勤務地

正社員は一般的には会社の指定するオフィスや勤務地で働きますが、職種によってはリモートワークが可能な場合もあります。出張や転勤が命じられることもあるため、意志に反して勤務地を変更しなくてはいけないこともあります。

非正規雇用も、一般的には会社に指定された場所で勤務しますが、出張や派遣を命じられる可能性は低いです。フリーランスは、自宅やコワーキングスペースなど好きな場所で働けるため、その日の気分で仕事場所を変更できるのがメリットです。

雇用期間

正社員は通常、無期限雇用とされ、退職するまで雇用が続きます。アルバイトやパートは、短期間や特定の期間だけ働くことが多く、期間が明確に定められていないことも多いです。派遣社員は、派遣元企業と派遣先企業との間で契約期間が定められて、その期間だけ働きます。フリーランスは特定の雇用期間はなく、プロジェクトや個別の仕事計画に基づいて仕事をします。

給与形態

正社員は、定期的に安定した給与が保証されていて、年2回のボーナスや定期的な昇給があるのが特徴です。契約社員は、契約中の給与が保証されていますが、ボーナスや昇給は正社員ほどの額ではありません。

アルバイトやパートは、働いた時間に応じた給与が支払われる時給制で、一般的にボーナスや昇給はありません。派遣社員は、派遣先の業務量に応じた給与が支払われます。フリーランスは、一定の給与・ボーナス・昇給はなく、プロジェクトごとに報酬がかわるため、時期やスキルによって給与は大きく変動します。

福利厚生

正社員は、健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険などの社会保険があり、育児・介護休暇などの休暇制度も充実しています。アルバイトやパートは、雇用時間によって社会保険が適用されるかが決まります。

契約社員は、正社員と同様に社会保険が適用されることが多いです。派遣社員は、派遣先の企業が提供する福利厚生は受けられませんが、代わりに派遣会社から提供される福利厚生を受けられます。フリーランスは、会社員のように福利厚生はありません。

正社員以外の働き方をするメリット

アルバイトや契約社員など、正社員以外の働き方をするメリットは、以下の通りです。

勤務時間やスケジュールに融通が聞く

正社員とは違い、自分で勤務時間を決められるため、好きなライフスタイルで働くことができます。家庭の事情や趣味の時間など、仕事以外の時間も大切にしたい人にとっては大きなメリットです。ただ、自分で時間管理をする必要があるため、スケジュールの管理が苦手な人は、生活習慣が狂ってしまうリスクがあります。

人間関係のストレスが少なくなる

契約社員やフリーランスといった雇用形態では、自分の専門性を活かす業務に集中できるため、部門間の政治的な争いや人間関係の調整に時間を取られることがありません。組織のヒエラルキーに縛られずに、上司や同僚との関係性が業務の遂行に影響を及ぼすこともありません。人間関係がストレスの原因になっている人は、正社員以外の働き方のほうが合っているといえるでしょう。

責任が重くない

非正規雇用の多くは、業務が限定されていることが多く、突発的な業務を振られることはほとんどありません。経営方針や戦略決定のような大きな決め事にも関わることがないため、正社員と比べると責任を感じることは少ないでしょう。責任が少ないことでプライベートと仕事のバランスを取りやすくなりますが、スキルアップの機会が少ないという一面もあります。

自分のやりたいことができる

正社員と比べると、非正規雇用のほうが働き方を柔軟に選べるため、自分のやりたいことに時間を使えます。趣味の時間を確保したり、家族と一緒にいる時間を増やしたりできるため、プライベートを充実させやすいというメリットがあります。自分がやりたい業務に集中することで、特定のスキルを伸ばすことも可能です。

正社員以外の働き方をするデメリット

アルバイトや契約社員など、正社員以外の働き方をするデメリットは、以下の通りです。

収入が安定しない

非正規雇用は、仕事の量や仕事内容によって稼働時間が変動するため、収入が安定しないというデメリットがあります。収入が安定しないと一定の生活水準を維持するのが難しいです。銀行からの借入や住宅ローンの審査にも通りにくいため、長期的なライフプランを立てづらいのが難点です。

急に仕事がなくなる可能性がある

非正規雇用は、契約やプロジェクトの終了や企業の経済的困難によって、急に仕事がなくなる可能性があります。仕事が頻繁に変わると、特定の分野での経験やスキルが身に付かないため、キャリアアップが難しいです。正社員への求人を受けても、スキルがないとなかなか採用されないため、正規雇用に戻れなくなるというリスクもあります。

社会的な信用が低い

銀行などの金融機関は、定期的に安定した収入がある人を求めているため、非正規雇用では住宅ローンや車のローンが通りにくいというデメリットがあります。正社員以外の働き方を理解していない人も多く、フリーランスや契約社員といった働き方をしていると、家族や友人から理解や指示を得られないこともあるでしょう。

自主的に勉強しないとスキルが身につかない

非正規雇用では、企業が提供する研修や教育を受ける機会が少ないため、スキルを身につけるのが難しいです。特定のスキルを身につけるためには、自ら会社内の研修に参加したり、プライベートの時間に学習したりと、意識を高く持ち続ける必要があります。自己学習を重ねても、必ずしも昇給や給与アップにつながるわけでもないため、モチベーションを保つのは難しいです。

正社員以外の働き方をする方法

もし、あなたが正社員以外の働き方に興味があるなら、以下の方法で新しい仕事を見つけてみましょう。

転職をする

現在の会社で雇用形態を変えるのは難しいため、正社員以外の働き方をしたいなら、別の企業で働くのがよいでしょう。キャリアプランや希望のライフスタイルを考えて、自分にあった雇用形態で働ける会社を見つけるのがおすすめです。転職での面接では、必ず正社員から非正規雇用に変えた理由を聞かれるため、目的をはっきりさせておきましょう。

個人事業主になる

自分自身でビジネスを行って収益を得る、個人事業主になるのも一つの手です。自分のスキルや特技を活かすことで、好きなことを仕事にすることもできます。個人事業主として働くためには、開業届を提出したり、所得税を計算する必要があるため、会社を辞める前にやるべきことをリストアップしておくことが重要です。

副業をする

もし、給料に不満があるなら、副業を始めるのもよいでしょう。クラウドソーシングやコンテンツ販売を行うことで、追加の収入を得ることが可能です。会社の副業ポリシーを確認して、仕事に支障がない範囲で少しづつ副業を始めていきましょう。副業が安定したら、個人事業主になったり、副業の事業に関する会社に転職したりという、新しい道も開けてきます。

まとめ

この記事では、正社員以外の働き方を紹介してきました。正社員は安定していますが、自由が少ないため、プライベートを充実させたい人には不満に感じることが多いかもしれません。もし、安定よりも時間の自由を優先したいなら、アルバイトや契約社員などの働き方も考えてみましょう。

自分で事業を作りたい人や、好きなことを仕事にしていきたい人は、フリーランスという働き方が最適でしょう。もし、ブログやサイトを作って稼いでいきたい人は、SEOが学べるスクールに通うのがおすすめです。ぜひ、スキルを身につけて、自分の理想の働き方を実現してみてください。

\ ジブンらしい自由な生き方、働き方へ /

もっと自由に働きたい・・、収入もキャリアも、今の仕事に不安を感じている・・。そんな気持ちで毎日を過ごしているなら、Webマーケターという仕事で、あなたの不満や不安を解消しませんか!?


Webマーケターは、


  • 時間や場所に縛られず、自由に働ける
  • これからも拡大を続ける市場の第一線にたてる
  • ビジネスに役立つマーケティングの知識が身に付く

仕事です。マケステップは、未経験者からでもプロのWebマーケターとして成果をだせるまで、あなたを徹底的にサポートします。

今なら3大特典を無料でプレゼント!!

➀体系的なSEOノウハウ特別資料(47P)

➁完全版SEOガイドライン(92P)

➂WEBマーケターで月100万円目指すロードマップ

LINE登録でWebマーケターへの一歩を踏み出す
 

稼げるSEOマーケターになる、”超”実践型カリキュラム

ジブンらしい自由な生き方・働き方へ“Make 月額16,401円~

“超”実践型!SEO対策特化
WEBマーケティングスクール

プロのWEBマーケターへ!!

  • 講師全員が現役プロコンサル
  • 安心の完全返金保証付
  • マケステップ受講生アンケートより受講生満足度99%
  • 案件獲得のサポート付
  • コンバージョン率改善施策付き講座で成果を創出