正社員になりたくない理由とは?雇用されないメリットとリスクを徹底解説

働き方が多様化する現代において、「正社員になりたくない」と考える人も多いのではないでしょうか?私も新卒で正社員を2年間経験し、その後「正社員になりたくない」と考え、個人事業主として独立をしました。

しかし、当時は正社員にならないことに不安があり、正社員でいるべきか、個人事業主としてやっていくべきか、とても悩んでいました。そんな中、正社員にならないメリットとリスクを整理することでその不安を解消し、独立の道を選ぶことができました。

そこで今回の記事では、皆さんと同じように「正社員になりたくない」と思い個人事業主として独立した私が、同じように悩む人が少しでも不安を解消できるよう、正社員にならないメリットとデメリットをまとめました。

正社員ではなく、個人事業主として働くためのヒントもいくつかご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

\ ジブンらしい自由な生き方、働き方へ /

もっと自由に働きたい・・、収入もキャリアも、今の仕事に不安を感じている・・。そんな気持ちで毎日を過ごしているなら、Webマーケターという仕事で、あなたの不満や不安を解消しませんか!?


Webマーケターは、


  • 時間や場所に縛られず、自由に働ける
  • これからも拡大を続ける市場の第一線にたてる
  • ビジネスに役立つマーケティングの知識が身に付く

仕事です。マケステップは、未経験者からでもプロのWebマーケターとして成果をだせるまで、あなたを徹底的にサポートします。

今なら3大特典を無料でプレゼント!!

➀体系的なSEOノウハウ特別資料(47P)

➁完全版SEOガイドライン(92P)

➂WEBマーケターで月100万円目指すロードマップ

LINE登録でWebマーケターへの一歩を踏み出す

正社員になりたくない5つの理由

働き方が多様化する現代において、「正社員になりたくない」と思っている人は意外と多いです。私もその一人でした。正社員になりたくない理由は人によって様々ですが、主に以下のような理由が挙げられます。

  • 正社員になりたくない理由①人間関係のストレスが辛い、面倒
  • 正社員になりたくない理由②時間や場所に縛られるが嫌
  • 正社員になりたくない理由③苦手なこともやる必要はある
  • 正社員になりたくない理由④転勤をしたくない
  • 正社員になりたくない理由⑤自分でやりたいことがある

詳しい内容について、順番に解説していきます。

正社員になりたくない理由①人間関係のストレスが辛い、面倒

正社員として働く場合、人間関係の構築や維持がストレスとなることは少なくありません。特に発達障害を持つ方にとって、毎日の対人関係の調整は精神的な負担が大きく、仕事の効率や満足度を著しく低下させる原因となります。

正社員になりたくない理由②時間や場所に縛られるが嫌

正社員としての勤務は、固定された時間と場所に縛られることが多いです。特に朝早くの出勤が自分のライフスタイルや特性と合わないと感じ、正社員になりたくない人も多いのではないでしょうか。私も毎日満員電車で家とオフィスを往復する毎日が嫌で会社を辞めました。

正社員になりたくない理由③苦手なこともやる必要はある

正社員の場合、その人の得意・不得意に関わらず様々な業務をこなす必要があります。自分がやりたいことが明確にある人にとって、苦手な業務をやることに対して無駄だと思う方もいるでしょう。苦手な業務は時に学びにもなりますが、正社員になりたくない理由にもなります。

正社員になりたくない理由④転勤をしたくない

転勤は、生活のリズムや居住環境を大きく変える要因となります。自分の望むライフスタイルがある方にとって、転勤は大きな不安要素です。転勤がない正社員もいるので一概には言えませんが、住む場所を自分で決めたい人にとって、正社員という働き方が合わない場合があります。

正社員になりたくない理由⑤自分でやりたいことがある

正社員として働くと、会社の方針や業務内容に従うことが求められますが、独立すると自分のやりたいこと、得意なことに集中できます。自分のアイデアやビジョンを実現し、仕事を通じて自己実現をしたい方にとって、正社員でいることは窮屈に感じるかもしれません。

正社員と非正規雇用の違い

正社員になりたくない理由について見てきましたが、そもそも正社員と非正規雇用の違いはなんなのでしょうか。ここでは、正社員と非正規雇用の違いについて解説していきます。

正社員非正規雇用
人口(日本国内)
※2022年時点
3597万人2101万人
収入面基本給があり安定しているが、収入の増減が少ない。基本給がなく不安定だが、収入の増減が大きい。
労働環境福利厚生の充実や労働条件の安定が保証される一方で、勤務地や時間の柔軟性に欠ける福利厚生が限られることが多いものの、労働時間や場所を自由に選べる
社会的信用安定した職と見なされ、ローンの申請や賃貸契約などで有利実績がないうちは不安定な職と見なされ、ローンの申請や賃貸契約などで不利

詳しい内容について、順番に解説していきます。

人口(日本国内)の違い

総務省統計局発表の「令和元年労働力調査(基本集計)」によると、2022年時点の日本の雇用者(役員を除く)は5699万人。そのうち正規雇用者は3597万人、非正規雇用者は2101万人です。要するに、約36%の雇用者が非正規雇用者であるということになります。約4割の人が正社員ではないのは驚きです。

収入面の違い

正社員は一定の基本給に加えてボーナスや福利厚生などが保証されており、月々の収入が安定しています。対して、非正規雇用や個人事業主では、収入がプロジェクトごとや業務の量によって大きく変動します。

しかし、専門性や独自性を高めることにより、非正規雇用でも高収入を得る可能性があります。特に、デジタルマーケティングやITの分野では、高度な専門知識を持つフリーランスが高い報酬を得ている例が増えています。

労働環境の違い

正社員は、福利厚生の充実や労働条件の安定が保証される一方で、勤務地や時間の柔軟性に欠けることがあります。対して、非正規雇用や個人事業主は、福利厚生が限られることが多いものの、労働時間や場所を自由に選べるメリットがあります。

社会的信用の違い

社会的な信用や安定性の面では、正社員の方があります。正社員は安定した職と見なされ、ローンの申請や賃貸契約などで有利になることが多いです。一方で、非正規雇用や個人事業主は、このような面で不利になることがありますが、成功を収めて実績を築くことで、信用を高めることが出来るでしょう。

正社員にならない4つのメリット

正社員になりたくない人にとって、非正規雇用や個人事業主として働くことのメリットは以下の通りです。

  • 正社員にならないメリット①働く時間を自分で決められる
  • 正社員にならないメリット②転勤がない
  • 正社員にならないメリット③専門性を生かしやすい
  • 正社員にならないメリット④自分次第でなんでも出来る

詳しい内容について、順番に解説していきます。

正社員にならないメリット①働く時間を自分で決められる

正社員ではなく個人事業主として働く大きなメリットは、労働時間の柔軟性です。正社員では定められた勤務時間に従う必要がありますが、非正規雇用では自分の生活リズムや仕事の効率に合わせて働く時間を設定できます。

例えば、早朝や深夜など、自分が最も集中できる時間帯に仕事をすることが可能です。これにより労働効率が向上し、プライベートな時間も充実します。私は夜に集中力が高まることが多いので、夜の11時とかにバリバリ仕事をしています。特に創造的な仕事をする場合、自分のペースで仕事ができることは、質の高い成果を生み出す上で重要です。

正社員にならないメリット②転勤がない

正社員として働く場合、転勤は避けられないリスクの一つです。しかし、個人事業主として働けば、転勤の心配はありません。居住地を自由に選べるため、家族や個人のライフスタイルに合った場所で安定して生活することが可能です。

また、好きな場所で働くことは、生活の質を高めるだけでなく、仕事への満足度をも向上させる要素となります。

正社員にならないメリット③専門性を生かしやすい

独立して働くことで、特定のスキルや専門知識を深め、それを仕事に活かすことが機会を増やすことができます。正社員では幅広い業務をこなす必要がありますが、個人事業主は自分の得意分野や興味を追求し、その分野での専門家としての地位を築くことができます。この専門性は、高い報酬を得るための重要な要素です。

正社員にならないメリット④自分次第でなんでも出来る

自分のキャリアや事業内容を自由に決めることができるのは、非正規雇用の大きな魅力です。新しいビジネスのアイディアを試したり、自分の興味や強みを生かした仕事をすることで、キャリアの可能性を広げることができます。

また、自身の仕事に対するコントロール性が強く、自分のビジョンに基づいて仕事を進めることが可能です。この自由度は、キャリアの成長と共に個人の満足感をもたらします。

正社員にならない5つのリスク・デメリット

正社員にならないメリットを解説してきましたが、正社員にならないリスクやデメリットについても解説していきます。

  • 正社員にならないリスク①収入が安定しない
  • 正社員にならないリスク②社会的信用が弱い
  • 正社員にならないリスク③働く環境を自分で用意する必要がある
  • 正社員にならないリスク④転職に不利になることがある
  • 正社員にならないリスク⑤保険や年金の自己負担

詳しい内容について、順番に解説していきます。

正社員にならないリスク①収入が安定しない

非正規雇用や個人事業主として働く大きなリスクは、収入の不安定さです。正社員の場合、基本給と定期的なボーナスがありますが、非正規雇用では仕事の量やクライアントからの依頼に応じて収入が変動します。

これは特に、新しく事業を始める際や経済状況が不安定な時期に顕著です。安定した収入を確保するためには、複数の収入源を持つことや、貯蓄をしっかりと管理することが大切になります。

とはいえ、仕事内容にこだわらなければ日本で仕事に困ることはほぼないので、そこまで怖がる必要はありません。最初はバイトと掛け持ちしながら事業を始めるのでも全然良いと思います。

正社員にならないリスク②社会的信用が弱い

非正規雇用や個人事業主は、正社員と比較して社会的信用が低い傾向があります。これは、住宅ローンの申請や賃貸契約時に不利になることがあるなど、様々な場面で影響を及ぼします。個人事業主としての実績を積み上げ信頼性を高めることが必要ですが、これには時間がかかることを念頭においておきましょう。

正社員にならないリスク③働く環境を自分で用意する必要がある

個人事業主で働く場合、オフィスや機材など、働くための環境を自ら用意する必要があります。特に初期段階では、必要な設備やソフトウェアの購入に初期投資が必要となることがあるので注意が必要です。また、自宅での作業をする場合、仕事とプライベートの区別がつきにくく、ワークライフバランスの維持が難しくなることもあります。

正社員にならないリスク④転職に不利になることがある

将来的に再び正社員として働くことを考えた場合、非正規雇用や個人事業主としての経験は、転職市場で必ずしも有利に働きません。若い時はポテンシャルで採用してもらえるかもしれませんが、長期間非正規雇用でいると、正社員に戻りたいと思ってもスキル不足やキャリアの断絶を心配される可能性があります。

正社員にならないリスク⑤保険や年金の自己負担

非正規雇用や個人事業主は、健康保険や年金などを自分で管理する必要があります。正社員の場合、多くの社会保険料は会社が負担するため、個人の負担は比較的少ないですが、独立するとこれらの費用の全額を自分で負担する必要があります。これは、特に収入が不安定な時期には大きな負担となるでしょう。

正社員にならず、個人事業主だけで生活するための4つのヒント

ここまで正社員にならないメリットとリスクを解説してきましたが、あなたがもしもまだ「正社員になりたくない」と思っているのであれば、個人事業主を目指しましょう。ここでは、個人事業主として生計を立てていくためのTipsをいくつかご紹介していきます。

  • 個人事業主で生活する方法①支出を減らす
  • 個人事業主で生活する方法②収入源を確保する
  • 個人事業主で生活する方法③ネットワーキング
  • 個人事業主で生活する方法④スキルアップに投資する

詳しい内容について、順番に解説していきます。

個人事業主で生活する方法①支出を減らす

個人事業主として安定した生活を送るためには、支出を管理し、必要最小限に抑えることが重要です。なぜなら、同じ1万円を稼ぐより、1万円の支出を抑える方が簡単な場合が多いからです。

まずは、個人とビジネスの財務を分け、両方の支出を記録します。不要なサブスクリプションサービスの解約、無駄な出費の削減、節約可能な固定費の見直し(例えば、家賃や光熱費)などを行いましょう。

個人事業主で生活する方法②収入源の多角化

収入源の多角化は、個人事業主としての安定した生活を実現する上で非常に重要です。一つの収入源に依存することなく、複数の方法で収入を得ることができれば、一時的な仕事の減少や市場の変動による影響を最小限に抑えることができます。

例えば、主な業務がWebライティングであれば、関連するSEOコンサルティングやデザインの仕事などを考慮すると良いでしょう。すぐに個人事業主だけで生活することが難しい場合は、アルバイトと掛け持ちすることも重要です。

個人事業主で生活する方法③ネットワーキング

ネットワーキングも、個人事業主として成功するためには必要な要素です。クラウドワークスをはじめとしたネット完結で仕事をできる環境が整いつつありますが、本当に良い仕事や案件は良質な人間関係から生まれることが多いです。

面倒な人間関係がいやで正社員になりたくないと思っている人も多いとは思いますが、ビジネスをしていく上で人間関係を少しずつ広げていくことも重要なので覚えておきましょう。

個人事業主で生活する方法④スキルアップに投資する

個人事業主として、継続的なスキルアップも大切です。なぜなら、スキルを向上させることで市場価値を高め、案件単価の向上や継続的な受注につながっていくからです。収入に余裕が出てきたら、スキルアップに投資することも考えてみましょう。

また、私たちが運営するWebマーケティングスクール・マケステップでは、SEOを軸としたマーケティングのスキルアップが可能です。Webライティングを行う人から全くの未経験まで対応した実践的なスクールとなっておりますので、ぜひチェックしてみてください。

正社員になりたくない人のためのQ&A

最後に、正社員になりたくない人からよくある質問について、Q&A形式でまとめました。正社員になりたくない人の悩みや不安を解消するためにお役立てください。

Q1:正社員にならない場合、健康保険や年金はどうなりますか?

A1:正社員でない場合、健康保険や年金は自分で管理する必要があります。個人事業主やフリーランスとしては、国民健康保険や国民年金に加入します。費用は収入に応じて変動するため、事前に計算を行い、財務計画に組み込みましょう。

Q2:あとから正社員に戻ることはできますか?

A2:一度正社員を辞めても、あとで正社員に戻ることは可能です。しかし、長期間非正規雇用のままでいると、スキル不足やキャリアの断絶を心配される可能性があります。

Q3:正社員と契約社員の違いはなんですか?

A3:正社員は長期的な雇用であり、充実した福利厚生やキャリアアップの機会がありますが、契約社員は一定期間の契約に基づく雇用で、福利厚生や昇進の機会が限られることが多いです。正社員は安定性が高いのに対し、契約社員は職務の柔軟性や特定のプロジェクトへの参加が可能です。

Q4:フリーターは社会人と言えますか?

「社会人として働いた経験がある」という意味では、フリーターも社会人に含めることができます。しかし、採用の場面では、「社会人経験なし」と見なされることが多いです。これは、採用において「社会人」とは、正社員、契約社員、派遣社員など、企業に正式に所属して働いた経験を持つ人々を指すためです。

\ ジブンらしい自由な生き方、働き方へ /

もっと自由に働きたい・・、収入もキャリアも、今の仕事に不安を感じている・・。そんな気持ちで毎日を過ごしているなら、Webマーケターという仕事で、あなたの不満や不安を解消しませんか!?


Webマーケターは、


  • 時間や場所に縛られず、自由に働ける
  • これからも拡大を続ける市場の第一線にたてる
  • ビジネスに役立つマーケティングの知識が身に付く

仕事です。マケステップは、未経験者からでもプロのWebマーケターとして成果をだせるまで、あなたを徹底的にサポートします。

今なら3大特典を無料でプレゼント!!

➀体系的なSEOノウハウ特別資料(47P)

➁完全版SEOガイドライン(92P)

➂WEBマーケターで月100万円目指すロードマップ

LINE登録でWebマーケターへの一歩を踏み出す
 

稼げるSEOマーケターになる、”超”実践型カリキュラム

ジブンらしい自由な生き方・働き方へ“Make 月額16,041円~

“超”実践型!SEO対策特化
WEBマーケティングスクール

プロのWEBマーケターへ!!

  • 講師全員が現役プロコンサル
  • 安心の完全返金保証付
  • マケステップ受講生アンケートより受講生満足度99%
  • 案件獲得のサポート付
  • コンバージョン率改善施策付き講座で成果を創出