転職したいけどスキルがない30代が、望む転職を成功させるための考え方を解説

「転職したいけど、30代の今まで何のスキルも持っていないし、どうすればよいかわからない」このように考えている人が多いのではないでしょうか?今はスキルがないと感じていても、転職は決して遠い夢ではありません。

この記事では、スキル不足を感じる30代がどのようにして転職を成功させることができるのか、具体的な考え方と戦略を解説します。自分の強みを見つけ、市場価値を高め、新たなキャリアへの第一歩をここから始めてください。

\ ジブンらしい自由な生き方、働き方へ /

もっと自由に働きたい・・、収入もキャリアも、今の仕事に不安を感じている・・。そんな気持ちで毎日を過ごしているなら、Webマーケターという仕事で、あなたの不満や不安を解消しませんか!?


Webマーケターは、


  • 時間や場所に縛られず、自由に働ける
  • これからも拡大を続ける市場の第一線にたてる
  • ビジネスに役立つマーケティングの知識が身に付く

仕事です。マケステップは、未経験者からでもプロのWebマーケターとして成果をだせるまで、あなたを徹底的にサポートします。

今なら3大特典を無料でプレゼント!!

➀体系的なSEOノウハウ特別資料(47P)

➁完全版SEOガイドライン(92P)

➂WEBマーケターで月100万円目指すロードマップ

LINE登録でWebマーケターへの一歩を踏み出す

転職したいけどスキルがない30代の転職難易度は高い

昨今の人材不足で「35歳転職限界説」はなくなりつつありますが、スキルがない30代の転職では、依然として転職難易度は高いのが実情です。転職市場では年齢に応じた実務経験やスキルがシビアに求められます。

中途採用の場合、最低でも3年以上の実務経験が求められることが多いです。求める職務に応じたスキルのない30代が望む転職は、絶対に無理までとは言いませんが、何も対策を講じなければ、かなり難しいと言わざるを得ないでしょう。

特にスキルのない30代後半の転職は相当厳しい

35歳以降の転職において、マネジメント経験は必須です。加えて、転職者自身に高い専門性やマネジメントの経験実績が求められます。楽観的に「マネジメント経験がなくても転職できる」と思いたくなる気持ちもあるかもしれませんが、まずは現実を受け止めることが大切です。

スキルがない30代の転職活動で、起きうる4つの可能性とは?

スキルがない30代の転職活動で、起きる可能性の高い事象は次のとおりです。

  • 年収が下がる可能性がある
  • 上司が年下になる可能性が高くなる
  • 転職先の雰囲気に馴染めない可能性がある
  • 労働契約の形態が変わる可能性がある

年収が下がる可能性がある

転職で重要視される年収ですが、スキルがない30代が転職する場合、求人や転職エージェントから紹介される求人の年収は下がる可能性が高いです。そもそも、年収はその人の実務経験やスキルに応じて決定されるものであり、企業側からすれば、スキルのない30代に高い年収で採用したいとは思いません。

そうであれば、20代のこれから自社を担ってくれる新卒や年齢の若い中途人材を採用したいと考えます。現状これといってスキルがない30代の転職は、このような企業の実情があることを理解しておいてください。

上司が年下になる可能性が高くなる

転職先の企業では、スキルがない30代は「新入社員扱い」となるため、自分より年下の上司は珍しくありません。終身雇用制度が崩壊している現在では、勤続年数で役職が付くことはなく、スキルや実績などの実力主義で役職が決まります。上司が年下かどうかを気にするのではなく、新しいことを貪欲に吸収する姿勢が大切です。

転職先の雰囲気に馴染めない可能性がある

最近は転職面談もオンライン面談が普及したこともあり、転職前に実際の職場の雰囲気を感じられる機会が減っています。企業には独自の企業文化があり、例えば、年齢や職位にかかわらず、社内で意見が通りやすい文化や、業務成果を重視し、服装や髪型も自由な文化、新しいことに常にチャレンジする文化など様々です。

特に、ある程度の規模の企業からベンチャー企業へ転職する際は、両者の雰囲気に大きなギャップがあります。そのような面を押さえず転職をしてしまうと、雰囲気に馴染めず苦しむ可能性があります。転職活動では、業界や職種ごとの雰囲気をリサーチしておくと良いでしょう。

労働契約の形態が変わる可能性がある

スキルのない30代が転職する場合、労働契約の条件が契約社員などの非正規雇用になる可能性も考慮しておきましょう。厳しい話ではありますが、企業側からすると、わざわざスキルのない30代に高い年収で採用するメリットがないからです。

今ではフリーランスなど、業務委託契約で働く人も400万人を超えています。会社に頼らず自身のスキルで価値を提供する人達が増え始めた状況下で、採用側の視点で見た場合、スキルのない30代に対し、非正規雇用での条件提示も往々にしてあると考えておいた方が良いでしょう。

転職したいけどスキルがない30代が転職活動でやってはいけないこと

スキルがない30代が転職活動でやってはいけないことは次のとおりです。

  • 何も準備せず、とりあえず行動する
  • 目的もなく資格勉強をする
  • 友人・知人に転職相談する

何も準備せず、とりあえず行動する

転職活動は計画的な行動が大切です。何も考えずとりあえず行動したところで、望む結果はやってきません。自身の強みの棚卸ができていなかったり、候補企業が希望者に求めるものを把握できない場合、無駄な労力ばかりかかります。

目的もなく資格勉強をする

スキルのない30代が、転職のためだけに資格勉強をするのは非効率です。弁護士や会計士などの専門職を除き、転職活動時に重要視されるのは実務経験です。20代ならまだしも、30代では年齢面でも壁がある中で資格の重要性は高くありません。資格勉強をアピールすれば企業側の評価が上がるわけではないのです。

友人・知人に転職相談する

友人や知人に本格的な転職相談は、キャリアのプロではないため避けたほうが良いです。スキルのない30代に対するアドバイスは、その友人・知人自身の経験のみに基づいた主観的なものにすぎないからです。転職相談は転職エージェントなどのプロに相談すると良いでしょう。

転職したいけどスキルがない30代が転職するために必要な8つのこと

転職したいけどスキルがない30代が、自身の望む転職を成功させるために必要なことは次の8つです。

  • 過去に経験した職種や業界に絞って活動する
  • 未経験でも採用されやすい業種を選ぶ
  • 今の会社で働きながら転職活動をする
  • 転職の希望条件で譲歩できる内容を決める
  • 今の会社でマネジメント経験を積む
  • 転職エージェントなどのプロに相談する
  • 自分自身の棚卸しをおこない言語化する
  • 新しい資格やスキルを身につける

過去に経験した職種や業界に絞って活動する

過去に自身が経験した職種や業界を選ぶと、実務経験が活かせます。採用する側も、採用後の教育コストが負担となるため、そこが不要になるのは大きなメリットです。また、即戦力人材としても見られるので、採用確率も上がります。

未経験でも採用されやすい業種を選ぶ

未経験でも採用される職種は、特別なスキルや資格が不要なため採用されやすいです。

具体的な職種は次のとおりです。

  • 営業職
  • 接客・販売業
  • 建設業
  • 運送業
  • 介護 など

営業

営業職は常に人手不足な職種であり、未経験でも採用されやすい傾向にあります。特にコミュニケーションに自信がある方におすすめです。転職市場では即戦力人材が求められますが、営業職の場合、多職種と比べて業務のキャッチアップも早く、かつ本人の適性に左右されるため、多くの企業で未経験者を募集しています。

一方、スキル面ではエンジニアやマーケティング職のような専門的スキルは身に付きにくいですが、課題解決や提案能力など、他の業界や職種でも共通して使えるスキルが身に付きます。特に無形商材(実体のない商品やサービスを扱う)を扱うITやWeb、コンサルや金融、広告・人材業界の営業職はキャリアの選択肢も多く、転職難易度もそこまで高くはありません。

接客・販売業

接客・販売業は、資格や学歴・スキルが問われないため、転職したいけどスキルがない30代でも採用されやすい職種です。厚生労働省の一般職業紹介状況(令和5年4月公表)によると、サービス業における有効求人倍率は2.82倍と、人手不足が深刻な業界と言えます。

主な業界は、百貨店や家電量販店、飲食店やショッピングモールなど、多岐にわたります。ただし、転職のハードルは低いですが、長時間労働などの労働環境が問題となっています。単に転職のしやすさで転職してしまうと、スキルや経験が身に付きにくい業種でもあるため、あまりおすすめはできません。

運送業

運送業は慢性的な人手不足が続く業界です。スキルがない30代の方でも転職しやすい職種ですが、先の接客・販売業と同じく、転職してからのキャリアや経験やスキルを積み上げていくかで考えた場合、おすすめはできない業界と言えます。

国土交通省が公表した物流を取り巻く動向について(令和2年7月)によると、EC(電子商取引)市場の急激な拡大で宅配便の取り扱い数が急増した結果、ドライバーの供給が追い付かない状況です。仮に転職したとしても、慢性的な人手不足の中での業務遂行が予想され、その労働環境は「推して知るべし」と言えるでしょう。

建設業

建設業も慢性的な人手不足の業界であるため、スキルがない30代の方でも転職しやすい職種と言えます。ただし、日々の業務は体力を使うハードワークであり、他業界と比較しても給料が安い業界です。

建設業界に特化した人材紹介サービスを提供している、JAGフィールド株式会社がおこなった働き方への満足度調査によると、建設業に従事している調査回答者のうち、およそ7割の回答者が「過去に転職を検討したことがある」と回答しています。この満足度調査からわかるように、安易な建設業への転職はおすすめできません。

介護・福祉業

高齢化社会の日本にとって、介護職員は既に慢性的な人材不足に陥っています。厚生労働省が公表した「介護人材の処遇改善について」では、介護分野の有効求人倍率は毎年右肩上がりを続けており、介護職の需要は常に不足していることがわかります。

そのため、スキルがない30代の方でも採用されやすい状況です。また、介護職と一口に言っても、介護施設の種類や仕事内容も異なります。資格取得の有無で給与面でも違いが生じるため、しっかりとした転職計画が必要です。

今の会社で働きながら転職活動をする

今の会社で仕事をしながらの転職活動は、大きなリスクを負わない方法として有効です。仮に退職後に転職活動をはじめた場合、失業保険も最短での振り込みに数か月間かかるため、貯蓄を切り崩しながらの転職は、活動に集中できず精神的にも厳しくなります。一度リセットしてからと考えるのは、スキルのない30代にとって危険です。

転職の希望条件で譲歩できる内容を決める

スキルのない30代が、転職活動で希望条件(高年収など)通りの内定獲得は難しいです。必ず希望条件の中で自身が譲歩できる内容を決めておきましょう。「何が譲歩できて、何が譲歩できないのか」を明確にしておくと、求人の幅が広がり、転職活動がしやすくなります。

今の会社でマネジメント経験を積む

「転職したいけどスキルがない」と悩んでいるのあれば、今の会社でマネジメント経験を積めないか検討してみると良いでしょう。先に解説したように、30代の転職でマネジメント経験は必須であり、マネジメント経験があるだけで転職の成功確率が大きく変わります。

転職エージェントなどのプロに相談する

活動のプロである転職エージェントに相談するのも手です。職務経歴書などの提出書類の添削や面談対策のサポートが得られます。転職エージェントのサポートで、スキルのない30代でも希望条件に近い転職ができるかもしれません。

自分自身の棚卸しをおこない言語化する

「転職したいけどスキルがない」と考えている30代の中には、過去に経験した業務経験や経歴に自信が持てない人もいることでしょう。「自分にスキルがない」と考えていても、自分が気づいていないだけで、これまでの業務経験で積み上げてきたスキルが必ずあります。自分の棚卸しをおこない自身の強みやスキルを発見し、言語化すると良いでしょう。

具体的には、次の質問を参考に自分自身に問うてみてください。

  1. なぜ転職活動をしようと考えたのか?
  2. なぜ今の仕事を選んだのか?それはどんな基準か?
  3. どのような観点で仕事を探しているのか?その理由は何か?
  4. 転職するにあたり、希望するポイントを3つあげる。その理由は何か?
  5. 転職先で実現したいことは何か?

新しい資格やスキルを身につける

転職市場では求人に「未経験者歓迎」と書かれている場合でも、業務知識やスキルが全くない人と、関連のスクールに通い基礎知識や実践を想定したトレーニングを積んでいる人では、転職結果に大きな差が出ます。

最近では政府がリスキリングを推進している流れもあり、オンラインで資格やスキルを習得できるスクールが増え始め、選択肢の幅も大きく広がっています。これからどのような業界や職種で働きたいかにもよりますが、30代から新たに習得できるスキルは多くあります。主なスキルとして「Web/IT系」「ビジネスデータ分析」「コーチング」があります。

スキルがない30代にはWebマーケティングがおすすめ

これらのスキルの中でも、最近では「Webマーケティング」を学び始める人が増えています。Webマーケティングとは、インターネットを利用したマーケティング活動のことです。では、具体的にどのような仕事なのでしょうか。

Webマーケティングは企業が競争力を保つために必要不可欠な活動

Webマーケティングは、WebサイトやSNS、メールマガジンやオンライン広告などのデジタル手段を通じて製品やサービスを宣伝し、企業のブランド認知度の向上や、顧客基盤の拡大、そして最終的には売上増加へとつなげる活動です。

日々の生活で多くの人がインターネットを通じて消費活動をおこなっており、企業もいかに「自分のお店である」Webサイトなどにお客様を呼び込むかを試行錯誤しています。いまや、インターネットは切っても切り離せない存在であるため、Webマーケティングの重要性はさらに増していくことでしょう。

Webマーケティングを学ぶのであれば「マケステップ」がおすすめ

Webマーケティングを学ぶのであれば、Webマーケティングスクールの「マケステップ」がおすすめです。Webマーケティングを学ぶ最適な環境が整えられており、知識を教えて終わりではなく、一流の講師陣の元で、実際の実務に即した実践的なカリキュラムを提供しています。また、様々なバックグラウンドを持つ講座生が在籍しています。

スキルがない30代でも、新たに身につければ貴重な即戦力人材になる

転職したいけどスキルがない30代の方にとって、転職活動は容易ではありません。未経験採用をおこなっている企業への応募や、過去の経験に基づいた業界・業種へのアプローチだけではなく、自社に残ってマネジメント経験を積む選択肢も考えられるでしょう。

ただ、政府がリスキリングを大きく打ち出している昨今では、新たにスキルを身につけ、転職市場における自身の価値を高める選択肢は大いに歓迎される要素です。その選択肢の一つとしておすすめするのが、Webマーケティングです。自分自身に新たな価値をつけるためにも、これを機に、ぜひ自分にあったスキル磨きに挑戦してみてください。

kimurakensuke

執筆者

木村憲介 フリーランス
14年間の会社員生活で多種多様な業務を経験したのち、2019年にフリーランスとして独立。Webライターやディレクター、コンサルをはじめ、IT・経営・BtoB(toC)マーケティング領域で活動中。「人との出会いを大切に」が信条。
SNS:https://note.com/kk_writing/n/n9aab8026cfe5

\ ジブンらしい自由な生き方、働き方へ /

もっと自由に働きたい・・、収入もキャリアも、今の仕事に不安を感じている・・。そんな気持ちで毎日を過ごしているなら、Webマーケターという仕事で、あなたの不満や不安を解消しませんか!?


Webマーケターは、


  • 時間や場所に縛られず、自由に働ける
  • これからも拡大を続ける市場の第一線にたてる
  • ビジネスに役立つマーケティングの知識が身に付く

仕事です。マケステップは、未経験者からでもプロのWebマーケターとして成果をだせるまで、あなたを徹底的にサポートします。

今なら3大特典を無料でプレゼント!!

➀体系的なSEOノウハウ特別資料(47P)

➁完全版SEOガイドライン(92P)

➂WEBマーケターで月100万円目指すロードマップ

LINE登録でWebマーケターへの一歩を踏み出す
 

稼げるSEOマーケターになる、”超”実践型カリキュラム

ジブンらしい自由な生き方・働き方へ“Make 月額16,041円~

“超”実践型!SEO対策特化
WEBマーケティングスクール

プロのWEBマーケターへ!!

  • 講師全員が現役プロコンサル
  • 安心の完全返金保証付
  • マケステップ受講生アンケートより受講生満足度99%
  • 案件獲得のサポート付
  • コンバージョン率改善施策付き講座で成果を創出