時間に縛られない仕事10選【自由な労働時間を求めている人必見】

「仕事が忙しすぎて、自由な時間が取れない…」

「時間に縛られるとストレスが溜まってしまう」

「自分で働く時間を決められる仕事があるなら教えて!」

こんな悩みを抱えている人は「時間に縛られない仕事に就きたい」と、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

近年では労働者が自分で働く時間を決められる制度の導入など、会社員でも時間に縛られない働き方が可能です。

そこでこの記事では、時間に縛られない仕事と働き方に関する制度まで徹底解説します。

この記事を最後まで読んで、時間に縛られない働き方を実現してストレスフリーな毎日を送りましょう。

時間に縛られない仕事の特徴4選

時間に縛られない仕事の特徴は以下のとおりです。

  • 在宅ワークができる
  • 働く時間を調整できる
  • 時間ではなく成果を評価される
  • 自分ペースで働ける

時間に縛られない仕事はどんな働き方になるのか、具体的に想像してみましょう。

在宅ワークができる

時間に縛られない仕事は、自分の好きな場所で働くことができます。企業に属していれば、自宅から職場まで通勤して仕事を行うのが一般的です。

近年では働き方の多様化で、フリーランスやノマドワーカーなど、場所や時間に縛られない働き方が選択できます。

在宅ワークなら今まで通勤に費やしていた時間を、家族や自分のために使えるでしょう。

内部リンク

働く時間を調整できる

時間に縛られない仕事は、働く時間を調整できます。

近年では、フレックスタイム制度や、働き方宣言制度など、社員自ら働く時間を決められる企業も増えています。

働く時間を決めることができれば、朝早く起きて出社する必要もありません。自分のライフスタイルに合った働き方ができるでしょう。

時間ではなく成果を評価される

働く時間を決めることができる仕事は、時間ではなく成果で評価されることが多いです。

働いた時間分ではなく、成果が出れば収入が上がるので、短い時間で成果が出せれば長い時間働く必要はありません。

仕事以外の自由な時間を増やしたいと考えている人には、向いてる仕事といえます。

自分のペースで働ける

時間に縛られない仕事は、働く時間、場所が固定されないため、自分のペースで働くことができます。

上司や先輩が仕事の進め方に対して不満を言ってくる職場や、業務が多く時間に追われてしまう職場では、自分のペースで仕事をするのは難しいです。

働く時間と場所を選ぶことができる仕事環境なら、ストレスなく働けるでしょう。

【自由な働き方ができる】時間に縛られない仕事10選

出社する必要がなく、労働時間を自分で決められる時間に縛られない仕事は、ストレスがなさそうな印象を受けたのではないでしょうか。

ここでは、自分のペースで働ける時間に縛られない仕事を10個紹介します。自分に合う仕事がないか確認してみてください。

webライター

webライターはパソコン1つでどこでも仕事ができるので、時間に縛られない仕事といえます。

web上の文章を書く仕事で、雑誌や紙媒体の文字とは違うwebならではのライティング力が求められます。

取引先とのやり取りはメールやSNSなどのオンラインで完結するので、時間に縛られず取り組むことができるでしょう。

webライターは文字単価制(1文字当たりいくらか)で計算されることが多く、初心者から始めるなら1文字0.3円〜0.5円程度。ライティングスキルが上がっていけば、1文字あたり1円〜3円と収入も増えていきます。

webデザイナー

webサイトのデザインを行うwebデザイナーも時間に縛られずに仕事ができます。

デザインを構築できるスキルがあれば、発注から納品までオンラインで完結するので、在宅ワークでも問題ありません。

インターネットが主流になっている現代で、webサイトの制作は必要不可欠であり、今後も需要が伸びていくでしょう。

人を惹き付けるwebサイトを構築できるデザイナーになれれば、自宅にいながら年収1000万円も夢ではありません。

動画編集

動画編集は、動画素材を短くカットして、BGM音楽やテキストテロップ、各種エフェクトをかけるなど、最終的に1本の動画として書き出す編集作業のことをいいます。

パソコンで編集を行うため、働く場所や時間を選びません。

新型コロナウイルスの流行で外に出れない状況になったことをきっかけに、動画の需要が高まり、今後もまだまだ伸びていくと予想されています。

参考:サイバーエージェント2020年国内動画広告の市場調査

動画編集は、在宅ワークの中でも稼ぎやすい仕事といえるでしょう。

ITエンジニア

インターネットやスマートフォンアプリが当たり前になった現代で、ITエンジニアの需要は非常に高いです。

2030年には約45万人のエンジニアが不足するといわれていて、専門的な知識・スキルを持ったエンジニアは、これからの時代に重宝される存在になるでしょう。

参考:IT人材需給に関する調査

パソコンさえあればフリーランスとしても活動できるので、時間に縛られずに仕事ができます。

YouTuber

動画から得られる収入によって生活していくYouTuberも、時間に縛られないといえます。

YouTuberは顔を出して活動しているイメージが強いかもしれませんが、顔を出さなくても問題ありません。声や映像美だけで稼いでいる人もいます。

撮影や動画の編集など大変なこともありますが、動画が再生され続ければ自分が動かなくても収入が入ってくる夢のような仕事です。

webマーケター

webマーケターは、

特別な資格やスキルは必要なく、パソコン1つで時間や場所に縛られず働ける仕事です。

主な業務内容は以下のとおり。

  • SNSの運用
  • 購入者が1番最初に見る販売ページの作成
  • 検索エンジンの改善
  • 広告の運用

webを中心としたネットサービスを利用して、売上を上げるための施策を考えます。

webやSNSの知識が必要になりますが、会社の売上に貢献できるマーケターになれれば、貴重な人材として重宝されるでしょう。インターネットの需要の高まりとともに、注目されている仕事です。

ブロガー

ブロガーとは、webサイトに記事を執筆して掲載している人のことをいいます。ブログと聞くと好きなことを書くというイメージが強いかもしれません。

最近では自分のブログで企業の商品やサービスを紹介して、読者が買ってくれたら紹介料として報酬をもらう「アフェリエイト」といわれる手法で、生計を立てている人も増えています。

パソコンがあれば誰でも始められて、自分のスケジュールに合わせて取り組めるのが特徴。

完全在宅で時間に縛られることなくできる仕事です。

イラストレーター

イラストレーターは、取引先の依頼に応じていてイラストを制作して提供する仕事です。

ポスターや商品パッケージ、雑誌の挿絵など、描くイラストは多岐に渡ります。

会社に属さず、フリーランスとして働くこともできるので、業務時間や働く場所を自分で決められます。

自由なスタイルで働ける魅力的な仕事です。

ネット販売

ネット販売は、インターネットを通じて商品を購入できるサービスのこと。以下のサービスを利用すれば個人でも簡単にネットでお店を開業できます。

  • BASE
  • STORES
  • ヤフオク!
  • minnne
  • カラーミーショップ

実店舗とは違い、店舗の場所や設備などのお金がかかりません。接客方法がメールや電話がメインになるので、在宅での仕事が可能です。

営業時間や場所の縛りがないので、自由な働き方ができるでしょう。

フリーコンサル

フリーコンサルは、企業が抱える悩みや問題を解決するための支援を行う仕事です。

主な仕事内容は、依頼された取引先の課題について分析・情報収集を行い、結果をもとにアドバイスや提案などを行い解決に導くことです。

フリーコンサルの働き方は以下の2通りあります。

  • 常駐型・・企業を直接訪問してアドバイスを行う
  • リモート型・・リモートでアドバイスを行う

時間に縛られない働き方をするなら、取引先の企業に出向かず、自宅から連絡を取り合って仕事を進めるリモート型を選びましょう。

時間に縛られない仕事に就くために知っておきたい5つの制度

働き方の多様化が進む中で、企業でも新しい働き方や制度を導入する動きが増えています。

ここでは時間に縛られない仕事をするために、知っておきたい制度を5つ紹介します。

以下で紹介する制度を導入している会社に就くことができれば、時間に縛られない働き方ができるでしょう。

フレックスタイム制度

フレックスタイム制度とは、一定期間について定められた総労働時間を満たせば、始業・終業時間を労働者自身が決められる制度のこと。

たとえば、1ヶ月100時間の労働を定められていた場合、1ヶ月経ったときの労働時間が100時間を満たしていれば、1日9時間働く日や4時間しか働かないなど、働く時間を自由に決められます。

フレックスタイムの中にも「コアタイム」という必ず出勤しなければならない時間帯があるので、注意しましょう。

すべての労働時間を完全に労働者の裁量に任せている企業もあります。コアタイムのない働き方は「スーパーフレックスタイム制」と呼ばれていて、より自由な働き方ができるでしょう。

ワーケーション制度

ワーケーション制度とは、旅行や帰省中などの休暇の一部を仕事に割り当てる働き方のことです。

ワーケーション制度を利用すれば、職場に気を使って休暇が取れない状況を解消できるだけでなく、長期休暇を楽しむ機会も得られます。ワークライフバランスが向上して、心身のストレス解消にも役立つでしょう。

旅行が好きな人には嬉しい制度です。

働き方宣言制度

働き方宣言制度とは、1人ひとりが自分の合った働き方を自由に宣言して実行していく制度のこと。

「今週は在宅勤務3日で出社するのは2日だけ」

「10時から18時まで勤務する」

など働き方を宣言して、職場の中で共有します。自分の生活に合わせて働き方を決められる魅力的な制度です。

スイッチワーク制度

スイッチワーク制度とは、時間を連続して働く必要がなく、個人の事情に合わせて1日の中で仕事時間を調整しても良しとする制度です。

子どもの迎えやある場合に、1時間だけ抜けてまた仕事に戻るなどの方法が取れます。

子育てをしながら仕事をしている社員にとっては、非常にありがたい制度です。

高度プロフェッショナル制度

高プロフェッショナル制度は、一定の年収要件(年収1075万円)を満たしていて、高度な知識などを持っている労働者を対象に、勤務時間の制限を撤廃する制度です。

参考:厚生労働省・都道府県労働局・労働基準監督署

働き方改革の実現に向けた取り組みの1つで、高度な専門知識や技術を持っている人は、労働時間ではなく成果で評価されます。

高度プロフェッショナル制度の対象職種は以下のとおり。

  • 金融商品の開発
  • アナリスト
  • 研究開発
  • 公認会計士や弁護士
  • コンサルタント

専門知識があり、高い年収を得ている人には嬉しい制度といえます。

時間に縛られない仕事のメリット

働く時間や場所を自由に決められる時間に縛られない仕事には以下のメリットがあります。

  • 時間を有効活用できる
  • ストレスが軽減される

時間に縛られない仕事は、1日の時間の使い方を自分の意志で決めてから働けます。

場所の縛りもないため、通勤時間を削減することも可能です。満員電車を避けることができることもメリットになるでしょう。

さらに在宅ワークで良しとされる仕事や企業を選べば、職場や人間関係のストレスから解放されます。

時間に縛られない仕事に就けば、ストレスフリーな働き方ができるでしょう。

時間に縛られない仕事のデメリット

時間に縛られない仕事はメリットだけではありません。以下のデメリットを確認してから、時間に縛られない仕事に就くかどうか考えましょう。

  • いつでもどこでも働ける
  • 実力がないと評価してもらえない

いつでもどこでも働けるということは「どこでも仕事ができてしまう」と、捉えることもできます。

取引先から「いつでもどこでも仕事をしてくれる」と、仕事を増やされる可能性があります。

真面目な人や仕事熱心な人は、休むタイミングが分からずに、常に時間がない状態に陥ってしまう可能性が高いです。

さらに実力がないと評価してもらえないデメリットもあります。「仕事が終わっていないのに早く帰るのか」「成果を出してから自由な働き方をしてほしい」など、実力がなければ自分の主張や行動に説得力がありません。

会社員でもフリーランスでも時間に縛られない働き方を目指すなら、実力が必要だと覚えておきましょう。

時間に縛られない仕事に就く方法

ここでは時間に縛られない仕事に就くための具体的な方法を解説します。

「自由な働き方ができる仕事に転職したい」「時間に縛られない働き方ができる仕事に就きたい」と、考えている人はぜひ参考にしてください。

制度を導入している企業に就職する

時間に縛られない仕事をするなら、フレックスタイム制度やワーケーション制度など働き方を選べる企業に就職しましょう。

日本では、以下の企業がフレックスタイム制度を導入しています。

  • トヨタ
  • ソニー
  • サントリー
  • 武田薬品
  • 三菱商事
  • HONDA
  • Amazon
  • Canon
  • 味の素

他にも、2023年2月現在で約650の企業がフレックスタイム制度を導入しています。

参考:Clarity

仕事を選ぶ際は、求人や会社情報で働き方に関する制度を導入しているかどうか確認しましょう。

自分のライフスタイルに合わせて働ける企業に就職できれば、仕事とプライベートどちらも充実します。

スキルを身につけてフリーランスになる

時間に縛られない仕事をするなら、フリーランスという選択肢があります。

会社に属さず個人で仕事を請け負うフリーランスなら、働く場所や時間に縛られません。

しかしスキルがないままフリーランスになってしまうと、生活費を稼ぐために常に働き続けて、自由な時間がない状態になってしまいます。

時間に縛られない働き方で安定して稼ぐなら、スキルを身につけることは必須といえます。

時間に縛られない働き方は実現できる

働き方の多様化でいろんな仕事や制度が生まれていることから、時間に縛られない働き方は実現可能です。

フレックスタイム制度など社員自ら働く時間を決められる企業もあります。就職・転職する際は、求人や会社情報は必ず確認しましょう。

時間に縛られない仕事を選択すると、働き過ぎてしまったり、実力がなければ評価してもらえず収入が上がっていかないというデメリットもあります。

好きな時間に働けて自由な時間を増やしたいと望んだはずが、毎日仕事に追われて大変という状態になりかねません。

メリット・デメリットを理解した上で、時間に縛られない仕事に就けば「こんなはずではなかった…」と理想と現実のギャップに苦しむこともないはずです。

自分のライフスタイルに合った働き方を見つけて、仕事とプライベートどちらも充実させましょう。

今だけの期間限定、無料オンライン説明会参加で

\ 3つの特別特典プレゼント中 /

入会金

5.5万円OFF!!

SEOガイドライン
ノウハウ資料PDF

1000枚プレゼント!!

無料体験講座として

講義動画を無料視聴!!